フラットコーテッドレトリバー、アディと、アディママ、アディパパ、fivedrops「5人の子供」の日常と、犬の首輪、ヘンプアクセサリーのお店「FiveDrops」の毎日の日記です
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
我が家の 喘息児

小さい時は 今よりもひどくて 自宅で吸入していなかった時は

夜中に何回も病院に行くなんて事も ざらでした

なので 私は 毎晩 お風呂から出ても ジーンズに着替え 

ちょっと コンビニに行く程度の服で 寝ていました


自宅吸入もはじまり 安定してきて

パジャマで寝られるようになった頃

アディは 我が家の家族になりました

朝 我が家は 戦争です

5人の子供に身支度

それぞれの行き先があり 学校 幼稚園 病院・・・

時には 小さな揉め事が発生したり・・・

時計を見ながら お尻をたたき 行ってらっしゃい!!


送り出します

アディは しつけ教室の方からの勧めもあり

クレートで 寝ていました

早く 朝のお散歩に連れて行ってあげたくて

アディが来てから 私は また ジーンズで寝るようになりました

アディが寂しくないように

アディのクレートの横の ソファで


来て 間もなくの頃は

クレートから出すと

 

いわゆる うれション・・!!!



半端ない量で・・

アディを出す前に 主人と一緒に 熱い お絞りと

消臭剤を スタンバイして

アディを出していました



アディが来たばかりの頃は

一人になると それは悲しそうに

この世の終わりくらいに 鳴いていたので


お買い物に行くにも メモをもって

走って車に乗り込み 買い物を済ませ ダッシュ で帰宅・・

「アディ!!ごめんね!!! ただいま!!!!」


「ママ、寂しかった!!!」
← といったかは謎ですが・・

多分 この行為が 分離不安や 依存を強くしたと 今となっては 反省です・・




昨日 お天気にも 恵まれ

最後の ドライブになりました

20091202_92.jpg
20091202_94.jpg
20091202_93.jpg


主人が ネットで 調べて 予約が取れたところ

行ってみたら 焼却炉のようなものは むき出しで

プレハブが建っていて

まるで ゴミ処理場

あまりにも そんな所では悲しいので キャンセルし

自宅方向に戻り 隣の町 10分くらいの所にある所に 変更しました


御線香をあげて・・


20091202_95.jpg
20091202_96.jpg
20091202_98.jpg


沢山なでてあげてね

感触を 忘れないでね

匂いも忘れないでね

お留守番、アディが守ってくれたから 怖くなかったんだよ

みんなが 帰ってくるのを いつも待っていてくれたでしょ

公園に行っても どこに行っても はぐれないように いつも 知らせてくれたでしょ

もう

触れなくなっちゃうから

沢山 ありがとうって 言ってあげて




いつか 記憶の中から 一つ 二つ ってアディとの 思い出を忘れてしまう

子供達は・・・

仕方ない事

でも

アディを家族にしたときの わくわく 幸せな気分

アディと過ごした 優しい毎日

アディとの悲しい別れは


形を変えて 子供達の心に 宿って これからの人生 財産となるはず

それは

優しさだったり 思いやりだったり 命の大切さだったり


分からないけど 必ず 宝物になるよ

鳴り響く 泣き声


大人も

子供も

もう触れない 形がなくなることへの悲しみ

フミを除く みんなが 声を上げて泣いた

それまで泣かなかった シオンも・・・



私も 何度もなでて 何度も 顔をつけて

アディの感触も 香りも 忘れないように 心に染み付けました


主人も

離れられない

初めて 水戸に アディを迎えに行ったときの服装で

主人は 見送りました



一度

部屋を出たけど

20091202_99.jpg
20091202_100.jpg
20091202_101.jpg



また 会いたくなって もう一度だけ あわせてくださいと

無理を言って・・


もう 帰らなくてはいけない


そのとき

シオンが 泣き始めた

凄い勢いで・・


喘息の発作が出てるシオン

なだめようとしても 聞いてくれない

どうしたのか聞いたら

「アディ 生き返るっていった アディ置いていかないで」


そう

シオンは 眠ったアディをどこかに連れて行けば

「生き返る」


そう思っていた

違うんだよ

生き返れないの

でも

アディつれて帰る

そういって 泣き叫んでいました



アディを 家族に迎えたとき 部屋を真っ暗にしても

アディのゲージにくっついてた シオン

 話せないアディ 上手く話せないシオン

どこかで 強く 繋がってたんだろうな・・


20091202_102_20091203215806.jpg

子供は

何かにつけ

アディが いたら

アディが 生き返ったら

そんな話をしながら 少しずつ現実を受け止めてきているようです


シオンは・・・

朝から

時折 足で 頭をかいたり

足の先をくわえたりしています

アディのまね

きっと アディは シオンの中に 生き続ける

ありがとう

アディ


私達夫婦は

夕べも 声が消せないくらい 泣きました

会いたくて 会いたくて

アディ君動き出しましたよ 火葬できません!!

そんな電話が来ないか・・なんて思いながら

アディが恋しくて泣きました

声を殺そうとしても 殺せない



人間 人生を大きく変えるのはとっても勇気も時間も必要

特に 我が家は 子供が5人 保守的になってしまう


7人家族、6人扶養の我が家


主人は一度たりとも 「働いてくれる??」といったりしてきた事はありません

極 普通の サラリーマンですが・・

子供のそばにいてあげて そう言ってきました

とはいえ 子供が手が離れたら きっと私も 短い時間でも

外に働きに出て主人の力になる・・そんな未来だったでしょう

きっと

アディがこの家に来なかったら



主人は夕べ言いました

アディは うちに来て 沢山会話も生んだ

fivedropsを作ったのも アディだ

たった 2年で アディは 家族に 更なる潤いと

未来を変えてもらった

ショップを始め ブログを始め 交友関係や 視野 考え方まで広がり・・

がらと自分達の未来を変えてもらったんだ

アディには 沢山与えてもらったのに 自分は まだ 何も返していない

返したくても

もう

いないんだ





もともと 仲良し家族でしたが

アディが中心になり 心の 中央広場 みたいなものが出来て

何かあっても そこに行けば 家族みんな足並みが揃う そんな感じになりました


私に怒られると アディに顔を舐めてもらい

私も 疲れたときは アディに慰めてもらい

そして 大きく変わった未来は

私はfivedropsがある限り

「ただいまーー!!」と子供が帰ってきたら

「お帰り!!」って迎える生活が出来る

主人も安心し

私も 子供といる事ができ

子供も だれもいない家に帰らなくて済む


残念なのは

そこにアディがいないこと・・


夕べから

今朝

今朝から

今まで

沢山のメールや 電話 頂きました


夜中に 気付かない間に

自分の事のように 泣きながら 留守電に入れてくれた友人も

いつでも いいから 何かあったら連絡してと言ってくれた人

遠くに住む友人は 夜中でも いいから 辛くなったら

電話して と

大丈夫??

そう 電話をくれた友人

話を聞いてくれた友人

自分のブログや mixiで アディの死を 嘆いてくれた友人たち


本当にありがとう

ちょっと覗きに行ってみたら・・・・・・

全て 主人に話し

さっき 主人も 皆さんからの沢山の コメントを読んで

溢れる涙は 止まりませんが

時折襲う 寂しさは 消えませんが

「アディも幸せだったかもしれない」

少しだけ

そういう風に考えられるようになりました



アディは 家族以外の こんなに沢山の人に

惜しまれ 忘れないと言ってもらい 見送ってもらえる


本当に 幸せ犬です

そんなアディと過ごせた 私達も 幸せ者です


沢山の お花が 届いています

優しい手紙と一緒に

美味しい林檎も届きました

私が 眠らず 食べてないのではないかと 心配して 

お花と パンを届けてくれた友人も・・・

snap_fivedrops_200912423646.jpg
20091203_3_20091203220001.jpg
20091203_5.jpg
20091203_10.jpg
20091203_7.jpg
20091203_9.jpg

そして

アディの亡くなった日の ご自宅の日めくりカレンダーを

ファックスしてくれた方も・・

20091203_11.jpg


本当にありがとうございます



沢山のコメント

少し遅くなりますが 必ずお返事します

ブログや mixiで アディの 安らかな眠りを願ってくれた沢山の方

遊びに行きます

電話や メールで 心に寄り添ってくれた みんな

ありがとう



出口なんて見えないくらい真っ暗だったけど

出口に向かって歩こうかな と思います


明日

小さくなったアディが 帰ってきます

メソメソ 記事は 明日でおしまい できるといいな


来週

月曜日には 元気な ブログに 戻ります!!!!!


アディの思い出と アディの存在を感じながら これからも一緒に

生きていきます



だから

コレも 外さず

20091202_105.jpg


20091202_104.jpg

アディに守ってもらいます


家族全員分 ロケットの中に

アディの毛と 爪を入れました




いつも一緒

アディも

残された私達も

一緒に 生きていけるように・・・


20091203_2.jpg





↓↓↓愛や友情や優しさだけじゃ生きていけないのは現実
   でも 愛や友情や 優しさでしか救えない気持ちもあるのを知りました

日本ブログ村へ













スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ビックリしてビックリして、涙が止まりません。。
どんな言葉がいいのかも分かりません。
でも、アディママ・パパ一家の一員でいたアディ君はきっときっと幸せだったはず!!

ご冥福をお祈りします
2009/12/04(金) 00:25 | URL | オリーブ&ジャスミン #GpJA0K56[ 編集]
ゆっくりゆっくでいいから
元気になってね

なにもできなくてごめんね
2009/12/04(金) 01:35 | URL | チョコラまま #I4t1ZHtI[ 編集]
あまりにも突然のことで
どんな言葉を記したらよいのか・・・

朝霧で初めてお会いした時、
仲の良い素敵なご夫婦と賑やかな子供達に囲まれたアディ君!
アディ君は勿論、ご家族みんなの幸せイッパイなお顔が印象的でした。

アディ君のご冥福をお祈り致します
2009/12/04(金) 01:48 | URL | sambo母 #-[ 編集]
突然のことで驚いています。

家族の方たちも驚いたことでしょう。

しばらくは元気になることは出来ません。私も今年1月にかすみが逝ったときはそうでしたよ。あせらないで頑張らないで、泣きたいときはみんなで泣いてくださいね。
アディ君はみんなの笑顔が大好きだったと思います。皆といられて幸せだったと思います。

2009/12/04(金) 07:12 | URL | 渡辺 あかね #-[ 編集]
ブログのタイトルを見たとき「まさか・・・」と思いました。
私も涙が止まりません。
言葉も見つかりません。

アディくんのご冥福をお祈りします。
2009/12/04(金) 07:14 | URL | ティナママ #-[ 編集]
初めてのコメントです。
あんでぃさんのところから飛んできました。。

アディ君のご冥福をお祈りいたします。

アディ君はとても幸せな日々を過ごしていたんですね。
最後にも家族と一緒に。。
でも2年なんて短すぎます・・・。
神様は意地悪ですよね。。。

今は天国から家族を見守ってくれてるはずですから。。
ずっと忘れないでいてあげて下さい。
いつでもアディ君は家族の元にいます。
2009/12/04(金) 09:07 | URL | ちみ #-[ 編集]
 いつも読み逃げしてました
初めましてのコメントがこんな悲しいコメになるなんて・・・・
涙が止まりません
だってまだ2歳・・・
ご家族の気持ちを考えたら・・・かける言葉も見つかりません・・・。
アディ君・・・安らかに・・・ずっと家族を見守っていてね
ご冥福をお祈り致します
2009/12/04(金) 14:27 | URL | エルママ #-[ 編集]
アディパパさんの言葉から、改めてFivedrops家にとってアディくんの存在がどれだけ大きかったかを感じています。
アディくんが残してくれた沢山のこと、アディくんが繋いでくれた沢山の絆。
本当に大切なものは目に見えないって言うよね。アディくんにはもう会えないけど、大切なアディくんは永遠にそこにいる。
過去に戻れたらやっぱりアディくんを家族に迎える。そう言ってもらえるアディくんは幸せ。心からそう思えるアディママさんも幸せ。今は悲しいけど、悲しすぎるけど、アディくんが生まれてきてくれてよかったね、アディくんに出会えてよかったね・・・そんな風に思っています。
2009/12/04(金) 15:39 | URL | ゆみぷ #-[ 編集]
アディ君、いつまでも一緒だよ。
形が無くなってしまったけど、心の中には生きてるから。
子どもたちは理解できないことかもしれないので、辛いよね。
でもね、「あっ今そこにいた」て空気で感じることがあります。
いつも、みんなと一緒だよ。
2009/12/04(金) 19:32 | URL | ミキランスーママ #-[ 編集]
我が家の次女も高校生の時に最初のフラットのパウダーを亡くしたの。
今でもその同じ骨の入ったロケットをペンダントにして身につけていますよ。
ちゃんと私達家族に贈り物を残し、クリスマスイブに逝ってしまいました。
アディ君の贈り物はきっと届いているわね!
2009/12/04(金) 21:10 | URL | 萩ママ #65tSIR9s[ 編集]
はじめてコメントさせていただきます。
実はだいぶ以前から読ませていただいておりました。
Loversの掲示板で見た時はまさかと思いURLを辿るとこちらに…
涙が止まりませんでした。
いつも本当に楽しそうなお顔をしていたアディくん。
アディくんたくさんのお兄ちゃんとお姉ちゃんとパパとママ、他にもこんなにもたくさんの方に愛されて本当に幸せだったと思います。
アディくんと出会えた奇跡をずっと大切に持っていて欲しいと思います。
ご冥福をお祈りします。


2009/12/04(金) 22:38 | URL | おーみ #yl2HcnkM[ 編集]
初めてコメントさせていただきます。。
ごんすずりんママさんの所から、時々お邪魔していました。
今日も、まさか!?と思いながら、信じられないと思いながら、読んでいて涙で読めなくなって・・・
でも、ママさんやご家族の思い。。読ませていただきました。
アディ君。。水戸から迎えられたのですね。
我が家は、その市内です。

お子さん達の中に、アディ君は必ず生き続けると思います!
それぞれのアディくんの存在は、絶対に永遠です。。
きっとみんなの心にアディくんが教えてくれたものはたくさん詰っていますよ。。
アディくんがいたからこそ。。そんな家族のシーンは、宝物ですよね。

ただ、本当にあまりにも突然で、まだ2歳なのに・・・みなさんの悲しみと悔しさを想うと、なかなか言葉になりません。。
アディくん。。きっと幸せだったと想います!
心からご冥福をお祈りいたします。
2009/12/05(土) 00:17 | URL | りこママ #95MZykD6[ 編集]
ずっとね、ずっと、
アディパパさん・アディママさん、そして子どもたちの心に
アディ君は生きつづけてるよ。
そして、アディ君を知る人たちの心にも
ずっと、ずっと、みんなの心の中で。
そして、ご家族を、いつまでも守ってくれてると思う。
だからね
どうか、無理しないでね。
2009/12/05(土) 00:20 | URL | mi* #-[ 編集]
3日のブログ見てコメント入れようか迷っては止めての繰り返しなんですがとりあえず書き込みしてみます。
ご主人が申している事は非の打ち所が無いと思います。アディ氏がいたからわんこつながりができ広がったのは間違いないと思います。
図らずもあの時、『こんなんやってますえ、どないでっしゃろ?』と言われて無ければ僕はしょぼいガスライターを使ってたかも知れません。何より僕にとっては本当に気味が悪いほど幸運でした。あの時本当に作れるとこ探してましたから。そんなキッカケもアディ氏がいたからだと思います。悲しいのは事実ですがアディ氏が残してくれたものを大事にして下さいね、そして続けて下さいね。
2009/12/05(土) 07:29 | URL | blacksheep #-[ 編集]
なんとしても一度お会いしておきたかったですね・・残念でなりません・・今回、突然の別れを経験し、「いつか」「今度」「そのうち」
をしてはいけないと本当に思いました
人間にもワンコにも・・・
後悔ばかりが残ります・・
一ヶ月だけでもいい、戻ってきてほしいと思います
全てをなげうって、アディにしてあげたかったことをしてあげるのにって

一緒に身体の一部として生きて行こうと思います
必ずお会いしましょうね
きっとそう思っていたらその時間は出来る気がします
2009/12/05(土) 22:37 | URL | fivedrops #-[ 編集]
何も出来なくてなんて言わないで
寄り添ってくれてるでしょ
少しでも、気持ちが楽になるようにって思ってくれてるでしょ
それだけで十分
そういう気持ちが多分癒せる唯一のものだと思う
今回本当にそう感じた
きっとね
時間はかかるよね
でも早く早く 元気になりたい
アディを全部自分に入れたいな
そうしたら どこでもいつでも一緒だもん
2009/12/05(土) 22:42 | URL | fivedrops #-[ 編集]
楽しかったです
あの日本当に楽しかった
初めてのオフ会で緊張したけど、
お会いしたかった方にも会い、あんなに沢山のフラットにも会い、
アディもいいお顔で・・
あの時一回でもアディに会ってもらってよかった・・
一緒にあの時間を過ごせて本当に良かったです
これからもラフティーちゃんと仲良く、いっぱいいっぱい楽しい思い出を重ねて下さい
アディの分も沢山沢山長生きして下さい
この土日めいいっぱいアディを思い出し、泣き、週明けには元気な私に戻ろうと思います
アディを覚えていてやってください
そしてこれからも仲良くして下さいね
2009/12/05(土) 22:49 | URL | fivedrops #-[ 編集]
アディのこと沢山相談に乗ってもらいました
そして沢山励ましてもらいました
沢山それでいいのよって言って貰いました
ありがとうございました
アディは幸せだったでしょうか
この家にまた来たいと思ってくれてるでしょうか
かすみちゃんのように会いにきてくれるでしょうか??
どうであれ
私は供に歩いていきたいです
ずっとずっと感じながら歩いていきたいです
これからもよろしくお願いします
いつも背中を押して下さってありがとうございました
2009/12/05(土) 22:56 | URL | fivedrops #-[ 編集]
いつもそっと見守ってくれてる事嬉しく思います
そうですね
突然すぎて、全く心の準備も出来ていなかったので、現実を受け入れられないままの火葬でした
もう離れよう これで最後と触れてもなかなか離れられなくて・・依存していたのはアディではなく私のほうでした
きっと何かにつけ涙する日がまだまだ続くと思いますが、早くアディと一緒に笑って歩きたい
・・合図
そういつか合図に気付くのを楽しみに・・
2009/12/05(土) 23:13 | URL | fivedrops #-[ 編集]
あんでぃさんのお友達ですか・・
ありがとうございます
あんでぃさんとはとても仲良くさせていただいています

少しずつ進行してくれたら、お医者さんも色々打つ手もあったと思うし、私達も、もっともっと覚悟が出来たかもしれません
意地悪ですね
神様は意地悪です
でも
出会わせてくれたこと、アディと過ごさせてもらった事、感謝しながら一緒に生きていくつもりです
よかったらまた遊びに来て下さい
アディもきっと喜びます
ありがとうございました!
2009/12/05(土) 23:18 | URL | fivedrops #-[ 編集]
お名前はよくお見かけしますね!
あそびにきてくださっていたんですか? とっても嬉しいです
元気な頃のアディを見ていただけたんですね
あっという間でした
本当にあっという間でした
あれだけ大きな子があんなになるなんて・・
鼻先を顔に押し付け 尻尾を振っていたのが健気で・・・
家の中で今でも出てくるアディの毛や アディがつけた傷
思い出してばかりです
きっときっと守ってくれるでしょう
これからは思い出話を時折交えながらブログを続けたいと思います
よかったらまた遊びに来てください
2009/12/05(土) 23:30 | URL | fivedrops #-[ 編集]
こんなに辛いのに アディを迎えなかったらよかったなんて思えないの
初めのころは本当にハイパーで大変だったけど
それでも アディと家族になりたい 絶対に・・
本当に私は幸せにしてもらいました
そんなこと一緒にいるときから分かってるのに・・
一緒にいるときは今の半分くらいしか感じなかったそれが、悔やみ・・・・
一緒にね
一緒に生きてもっともっと 一緒に色々感じたい・・
2009/12/06(日) 01:05 | URL | fivedrops #-[ 編集]
今はまだ形あるものにアディの存在を重ねているけどきっと何もかも消えてしまった時、気配で感じたりするのかな??
来てくれたらすぐに気付くかな?
夜主人と二人で作業してる時に来てくれるといいな
二人に分かるように・・・
ここにいるよって
まだトイレに入って出るとき、そっとドアを開けてしまいます
中に入れないとき、外で待ってたからね
2009/12/06(日) 01:18 | URL | fivedrops #-[ 編集]
こうやって頂くひとつひとつのコメントもきっとアディが残してくれたものなんでしょうね
クリスマスイブに・・・
悲しかったでしょうね
クリスマスどころじゃなかったでしょうね
でも、今 寂しく辛いお気持ちはあっても笑顔でいらっしゃる
・・きっときっと笑えるときが来ますね
残してくれたものを守りながらこれからもアディと一緒に歩きたいです
出来たら 笑顔で・・・
2009/12/06(日) 01:24 | URL | fivedrops #-[ 編集]
コメントありがとうございます
アディが幸せだったのか、いい飼い主ではなかった、そんな後悔の中、アディが残してくれたものを守るため
アディと私達に会いに来てくれてる人たちのため、ちゃんと、今のアディを伝えようと思って・・・
もしかしたら起きるかも・・なんて淡い期待をしたり・・
きっとアディは、この家に来てハッピーじゃなかっただろうと思っていたけれど、こうして温かいコメントを頂くうち、少しずつ、幸せなときもあっただろうな・・と思えるようになりました
おーみさんや皆さんのコメントやメッセージ、などに救われました
よかったらまた遊びに来てくださいね
私も落ち着いたら遊びに行かせて頂きます
2009/12/06(日) 23:13 | URL | fivedrops #-[ 編集]
りこママさんコメントありがとうございます
元気なアディも見てくださっていたんですね!!
とっても嬉しいです
心に穴
なんてものじゃなくてもぎ取られたような感覚でした
親ですから 心乱さないように、メソメソしないようにと思っていましたが 駄目でしたね でも 思い切り泣いてよかったです
アディは沢山置き土産をしてくれました
こんな出会いもその一つです
まだしばらくは アディの思い出話が出てくると思います
よかったらまた遊びに来てください
私も遊びに行きますね!
2009/12/06(日) 23:25 | URL | fivedrops #-[ 編集]
ありがとうね
本当にありがとう
コメントはろくに入れられなかったけど、嬉しかった
万次郎を見るとアディを思い出します
お客様からはじまったけど、本当に仲良くさせてもらって、いつも私達を気にしてくれて・・
沢山沢山助けられました
これからもよろしくね
ずっとよろしくね
万次郎、いっぱいいっぱい長生きしようね!!
ありがとう
大丈夫
アディの残してくれたものを守るためだもん
喜んで頑張れるよ!!
2009/12/06(日) 23:30 | URL | fivedrops #-[ 編集]
本当に悲しい
本当に寂しい
でも 残してくれたもの
何一つこぼさないように頑張ります
きっときっと見守ってくれるから
・・・・・
素敵な出会いでしたよね
本当にアディはいくつの出会いを作ってくれたんでしょう?
御待たせして申し訳ありません
精一杯作らせていただきます
体調崩さないように、お仕事頑張って下さい
これからもよろしくお願いします!!!
2009/12/06(日) 23:34 | URL | fivedrops #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://fivedrops.blog64.fc2.com/tb.php/411-b2f3d040
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。